応援してます!!

みなさん、「FIP」という病気を御存知でしょうか?
日本語では「猫伝染性腹膜炎」とも呼ばれます。

原因はウイルスですが、
その発症の機序はまだ解明されていません。
そもそもそのウイルス自身が普段はありふれた普通のウイルスであり、
かかっても無症状だったり、自然治癒したり、
基本的にはちょっと風邪かな?程度の弱いウイルスです。
体外に排泄(基本は糞便)されたウイルスは、
普通の消毒薬で簡単に死滅します。

ちなみに人型、ウシ型…etcとありますが、
猫に病気を起こす猫型は人間には罹りませんので御安心を。

ただ、ひとたびこの弱いウイルスが体内で、
強毒株のウイルスに変異してしまった場合、
その段階で「FIPウイルス」と呼ばれて、
その猫ちゃんは劇症FIPの発症ということになります。

診断も最初から分かりやすいものではなく、
いくつかの検査を総合し、その猫の症状と合わせて、判断します。

体内に蔓延してしまったウイルスは、
体中(脳、神経、眼、内臓…)を巡り、
身体の様々なところに入り込み、悪さをするので、
それにより様々な症状が現れます。

その猫の免疫反応により、
腹水・胸水などを伴うタイプと
伴わないタイプに大まかに分かれます。

そして現在は有効な治療法はありません。

基本は対症療法となり、
過度な免疫反応を抑えるため消炎剤(ステロイド剤)を使います。
有効的な抗ウイルス治療になるわけではありませんが、
インターフェロンの投与(数週間~数ヶ月)の併用も薦められています。
これにより一時的な進行の歯止めが起こる事がありますが、
残念ながら治癒には至りません。


一般的には、予後は不良であり、
特に症状が全身に出ている場合、余命は数日~数ヶ月になります。
中には安楽死を決断される場合もあります。
ただ、数%の猫ちゃんで回復することがある…とのことですので、
決して悲観せず、そのひとかけらの可能性に向かえればと思います。


治療には、介護、時間、お金も掛かりますが、
何よりも精神的な苦痛が伴います。
少しでも力に、励ましになれれば、
そう願わずにはいられません。

d0107353_22541137.jpg

妹を見守るノエルお兄ちゃん。
[PR]
by huwahuwakoneko | 2008-04-13 23:42 | ノエル、ペコ、三四郎、ポロン他


子猫の成長と巣立った子猫の紹介をする皆様と作るアットホームなサイトが目標。ホームページよりも一足先に最新情報を更新します。


by huwahuwakoneko

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

以前の記事

2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2009年 12月
2009年 11月
more...

カテゴリ

全体
里親募集(総合)
巣立った子猫達(総合)
ムーン、ルーラ
マウ、メル、エル、レディ
森羅、なると、ホイミ、ひめ他
レイニー、銀太、ネネ、ウラン他
カブ、チロル、リンス、ビビアン
ごろ、メイ、すもも
銀さん、ブーケ、三井子
ジェム
綺羅、ブイ
ハリー、ムッシュ、キキ、ojo 
王子、ルイス(華香)、姫
チャイ(ハル)、琥珀
スカイ、華香、メリー、チェリー
ノエル、ペコ、三四郎、ポロン他
銀寿、ハル(チャイ)、メイ
子猫の飼育・その他小話
猫その他
その他の話
子猫のお問い合わせについて
☆★☆リンクです☆★☆
未分類

ふわふわメモ



ふわふわ子猫





募集中の子猫について

詳細はホームページへ











検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧